伝統木造の基本

今回は資料をもとに説明するのでなく、
撮りためた木造の写真から見えてくる伝統木造の基本について色々お話させていただきました。

続きを読む 0 コメント

木の性質

ここ数年毎年行ってる
木を縦二つに割る
というイベントです。
木を縦二つに割ると綺麗に二つになりません
これは木が生きてた、命ある材料だからです

今年の材木はなんとの綺麗に二つになりました。

こういう年もあって良いね。

 

 

続きを読む 0 コメント

室生の山の見学 no2(木の性質を知ろう)

木が活動してて水をたっぷり運んでいる時、

木の表面ってこんな感じだそう。

 

 

 

皮がペロンって浮き上がってる。

 

 

 

冬のを実際に観察してないけど、
このペロンとなってる皮が
身に張り付いてるのが休眠の時だそう。

続きを読む 0 コメント

室生の山の見学 no1(木の性質を知ろう)

令和の最初の「和のトラス学ぶ会」テーマは
山を見学して実情を体感する。です。

案内がないと分からない木の事
沢山教えていただきました。


今は一年中木を切り出して、出荷する。

という流れになっていますが、
以前は

お盆が終わった頃から2月までが木を切る時期《冬目》で

2月からお盆までは《夏目》の木で木は切らなかったのだそう。

 

《冬目》の間、木は休んでいます。
その間に木を切るんですね。

 

《夏目》の時、木は成長しようって頑張ってます。

ですから、木の導管(※1)は水で一杯です。

特に7月、8月の伐採した木は虫に食べられやすいとか。

 

 

これが木の表面から分かります

 

市場にあったほとんどの木がこれ。↓

続きを読む 0 コメント

トラスの搬出

加工場からトラスの搬出です。

大きな(梁間が広い)トラスは現場で地組しますが、

これは小ぶりのトラスなので加工場で組んで
そのままトラックの荷台に載せます。

 

私も運ちゃんと二人で頑張ってます。

 

トラスの上にその他の材料置いて

材料を積み上げて行きます。

 

続きを読む 0 コメント