ブログカテゴリ:2010年4月



16日 4月 2010
「木造とは?ー伝統木造の基本ー」 本年度の木造トラス勉強会〜基礎編の第一回目を 伝統木造の力の出し方について継ぎ手の原理を中心に話をしました。 小雨の降る中にも関わらず、みんな時間通りに集合。 6時15分〜8時45分位まで、時間いっぱい話は盛り上がる。 参加者は10名でした。
12日 4月 2010
未整理の資料ですが、 木と鉄を十分に生かして木を接合すると、 木が負ける前に鉄がイカレテしまいます。 これは、その写真。 実倦体の木が破壊される前に、鉄のボルトが 伸びてしまったり、 切れてしまったり、 ねじ山が破壊されてズルムケになってしまったり、 木の性質を利用すると、鉄にも負けません。
06日 4月 2010
今の建築の常識では屋根は軽くないといけないらしい。 でも、日本の伝統木造の屋根は重い。 屋根の上に土を載せて、その上に瓦を積む。 2階の床は、土を入れて重くしてある。 そして 私は大工さんから重くなければならないと教わった。 木造は切った木を接合して家を造る。 一番の弱点は継ぎ手であり、それが引っぱりに効力がないことにある。...